パーカー(PARKER) IM ボールペン は“ちょっといい“普段使いのボールペン

    仕事内容にはよりますが、ここ最近はPC作業がデスクワークでもメインとなってきていますよね。

    そのような状況でも使用頻度が多いボールペンですが、みなさんはどの様な商品をお使いですか?

    300円程度のボールペンを使いきりで使用されている方におすすめしたいのがこちらのボールペンになります。

    パーカー(PARKER) IM  ボールペン

    仕様:ノック式

    サイズ:約10×140mm

    重量:約25g

    ボディ素材:真鍮|クロムメッキ

    パーカー・IMは、数多くあるパーカーボールペンのエントリーシリーズとなります。

    他のシリーズより比較的安い価格で購入できるため、普段使いにおすすめできるシリーズです。

    ペン先はノックで出し入れするタイプなので持ち運びにも適しており、使い勝手はとても良いです

    シリーズ名のアイエムは、英語の”I’m”から取られたものです。

    “自分らしさを大切にする人”をコンセプトに誕生しているようです。

    シンプルなデザインは使う人を選ばない、まさに”I’m”なボールペンですね

    300円クラスのボールペンより優れている点

    パーカー(PARKER) IM ボールペンを使ってみて良かった点は以下の3点です。

    ボールペンにかかる支出は増えたことになりますが、確実に“生活の質”は向上しました。

    重厚感のある安定したペン運び

    使い切りボールペンに比べて重量があるパーカー(PARKER) IM ボールペンは字を書く際に“無駄に筆圧を加えなくても良い”為、指先が疲れにくく安定したペン運びが可能です。

    25g程度に自重は絶妙なんです。

    引っかかりのないなめらかな滑り

    ボールペンとして一番大事な部分ですよね。

    適度な自重と合わせて、流れるように字を書き続けられます。

    滑らかさの秘密はよく作られた芯に秘密があるんでしょうね。

    この芯はインクがなくなれば、芯ごと交換出来ます。

    また、芯の太さを(F:細字、M:中字)変えることが出来るので購入時の中字が太いと感じる方は、初めに芯を交換することもおすすめします。

    納得の所有感

    Parker JP へようこそ (parkerpen.com)

    パーカー(PARKER) IM ボールペン はそこまで高級なボールペンではありません。

    しかし、300円程度のボールペンと比べればフォルムや質感は雲泥の差です。

    よく使う文房具を満足のいく逸品に変えることは、ちょっとした日々の幸福度アップに貢献してくれます。

    ここから、さらに高級なボールペンにステップアップする楽しみが芽生えるかも?

    まぁ、精神論ですが・・・

    ボールペンを変えて感じた事

    普段使いするものだからこそ、実用的で納得のいくものを使いたいですよね。

    ちょっとした事の積み重ねが日々の満足感を満たしてくれるのではないでしょうか。

    300円程度の使い切りボールペンを愛用している人が悪いわけではありませんが、私のような喜び方をするきっかけになるかもしれませんよね。

    気に入っていただければ是非ご購入下さい

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      CAPTCHA