【THE NORTH FACE】オールマウンテンジャケット“高性能さがちょうどよい”

現在様々な人気アウトドアブランドからシェルジャケットが販売されています。

ハードなアウトドアシーンを想定されたものから、携帯性に優れたリュックサックに入れておくと便利なアイテムまで多種多様な商品が展開されています。

本格的なアウトドアシーンでも街着としても活躍する“高性能さがちょうどよい”

THE NORTH FACE オールマウンテンジャケットを紹介します。

THE NORTH FACEのマウンテンジャケット、マウンテンライトジャケット、クライムライトジャケットのおすすめ記事や動画はよく見かけますが、私はオールマウンテンジャケットを一択です

THE NORTH FACE オールマウンテンジャケット

オールマウンテンジャケットは、GORE-TEXC-KNITバッカーを採用した、3層構造の防水シェルジャケットです。

表地は70デニールナイロンという耐久性の高い素材を表生地に使用しています。

適度な厚みと張りはジャケットの“防風性”や見た目印象の“本格派感”を演出してくれます。

重量:約525g(Lサイズ)

カラー:ブラック、ニュートープ、サミットゴールド、フレアオレンジ

オールマウンテンジャケット(メンズ)(NP61910) – THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)公式通販 (goldwin.co.jp)

写真のオールマウンテンジャケットは5年着用して6年目になりますが、まだまだ現役です。

ファッション的にちょうどよいサイズ感

画像:THE NORTH FACE 盛岡フェザン(4107658) STAFF STYLING|GOLDWIN WEB STORE

オールマウンテンジャケットは普段着ているサイズを選べばほぼ失敗する事はありません。

同社ゴアテックス使用のマウンテンジャケットやマウンテンライトジャケットに比べて着丈が短いためスッキリしたシルエットとなっています。

シルエットの面でオーバーサイズを好まない“ちょうどよい”サイズが好きな方にはマッチすると思います。

前面のファスナーにはベルクロで留めるフラップが付いています。

機能的には防水対策なのでしょうが“ファスナーを見せない”スマートな印象を感じる事ができる為、カッターシャツやスラックスにあわせた通勤アウターとしても活躍できるデザインです。

首元の風防は高すぎず低すぎず、顎に接触することもほぼありません。

この手のジャケットとしては首回りがすっきりしています。

街着に活きる高性能

言わずと知れたゴアテックスを使用している為、防水・透湿性能は折り紙付きです。

急な雨や雪にも対応できる心強いジャケットですね。

オールマウンテンジャケットの特徴はGORE-TEXC-KNITバッカーを採用した、3層構造の防水シェルジャケットと言う点です。

画像:THE NORTH FACE 福岡(8140104) STAFF STYLING|GOLDWIN WEB STORE

表地70デニールのナイロンの持つ耐久性・防風性と柔らかなGORE-TEXC-KNITバッカーの組み合わせはオバースペックすぎない程度にどの様な天候でも信頼できるジャケットです。

現行品は非常に細かく薄いマイクロトリコットの裏地は、しなやかな着心地が特徴で、透湿性能も従来の同モデルと比較して15%以上向上しているようです。

両脇には止水ファスナーを使用したベンチレーションが採用されています。

不快な蒸れやちょっとした温度調整はジャケットを脱がなくてもokです。

電車の乗り降りの際などに威力を発揮します。

防寒着として活躍するか

画像:THE NORTH FACE 福岡(8140278) STAFF STYLING|GOLDWIN WEB STORE

オールマウンテンジャケットはアウターとして優れた保温性を保てると思います。

ジャケットのインナーにフリースやインナーダウンを着れば真冬でも”外からの冷たい風”を防ぎ”内の暖かさを保つ”アウターとして機能します。

袖口はベルクロで固定する為、防風対策もばっちりです。

お手入れは?

着用頻度にもよりますが、汚れてきたかなと思ったタイミングで洗濯しましょう。

家庭用の洗濯機を使用しても大丈夫です。

必ず液体洗剤を使い、ファスナーはすべて留め、ネットに入れて普通に洗ってください。

ゴアテックスは洗濯しないと機能が落ちます。要注意です。私のオールマウンテンジャケットは6年目に突入しましたがまだまだ現役です

シーズンオフにはクリーニングに出すと良いと思いますが、私はNIKWAX(ニクワックス) テックウォッシュ(撥水生地専用洗剤)で洗って保管しています。

洗濯方法はこのサイトを参考にすると良いです

ゴアテックスの正しい洗濯&お手入れ方法!家庭でできる復活術をご紹介! | 暮らし〜の (kurashi-no.jp)

ノースフェイスのシェルジャケット街着なら№1!

  • 突然の雨にも風にもマケズ・・・心強いシェルジャケット
  • 身幅・着丈は街着にも最適なサイズ
  • 表地70デニールのナイロンの持つ耐久性と柔らかなGORE-TEXC-KNITバッカーの組み合わせは“ちょうどよい街着として最強“
  • ベンチレーションはあると無いとで大違い。寒暖差の激しい街中だからこそ活きます。
  • 簡単なお手入れで耐久性は抜群

まずはありきたりですがブラックを購入すれば、秋冬シーズンの生活の質の向上に大きく貢献してくれること間違いなしですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA