THE NORTH FACE PURPLE LABEL × BEAMS / 別注 ステンカラーコート

肌寒い季節になってくると、冬物アウターが気になりますよね。

防寒性に優れたダウンジャケットなどに目が行きがちですが、40代男性として1着はもっておきたい優れたコートを紹介します。

THE NORTH FACE PURPLE LABEL × BEAMS / 別注 ステンカラーコート

毎年8月末になると全国のBEAMS店舗にラインナップされる定番で大人気なステンカラーコートです。

同型のスプリングコートが春前に販売されますが、今回紹介するコートは保温裏生地を備えた秋冬用となります。

スタンダードな型のコートなのでどのようなスタイルにも合わせやすいのですが、さすがはTHE NORTH FACEの商品だけあって機能的な面も充実しています。

表地『65/35ベイヘッドクロス』の上品な光沢

表地には水分を通しにくい特性を持つ、ポリエステル65%、コットン35%の割合で繊維を混合させた65/35ベイヘッドクロスを使用。

シェラデザインで有名な60/40クロスに近い割合ですね。

横糸にコットンを65%、縦糸にポリエステルを35%の比率で織り上げられ、横糸の綿が水を吸って膨張すると、糸の間の目が詰まり水を通しにくくなります。

それにナイロン特有の撥水性能が合わさる事で優れた撥水性を実現。

生地軽い着心地と程よいハリ感、独特のマットな光沢感も特徴的です。

ネイビーやブラックの濃いカラーの深みと光沢は上品の一言に尽きます。

プリマロフト®を使用した裏地で保温力アップ

インサレーションにはプリマロフト®を内蔵し、保温性に富んだアイテムに仕上がっています。

人工羽毛であるプリマロフト®はさまざまな太さのマイクロファイバーを組み合わせることで、こ独創的な擬似羽毛構造となっています。

裏地のボリュームを抑えてコートのスッキリとしたシルエットは確保しつつ、保温力は高い高性能なコートとなっています。

定番のシルエットと細部のこだわりがさすが!

シンプルで定番シルエットのコートなので、ビジネスからカジュアルまで幅広く活躍します。

しかし、さすがはBAMSとのコラボ商品は細部に見え隠れします。

まずは、THE NORTH FACEの商品ならわかりやすく主張されている事の多い“ブランドロゴ”ですが、このコートの場合は襟の裏側に刺繍されています。

襟を折る通常の着こなしなら“ブランドロゴ”は見えないのですが、襟を立てた際の首元にさりげなく見えるようになります。

“ブランドロゴ”を見せる・見せないで着こなしを楽しむのもいいですね。

ボタンにも細部のこだわりが見えます。

写真のようにボタンのサイドにTHE NORTH FACEのネームが入っています。

このような小さなこだわりは、所有欲を満たしてくれませんか?

コーディネート例

BEAMSホームぺージからショップ定員さんの着こなしスナップを転載しています。

昨年は以下3枚の写真に近い着こなしをよくしました。

お洒落で参考になるコーディネートがたくさんあるので是非BEAMSのHPをチェックしてください。

BEAMS(ビームス)THE NORTH FACE PURPLE LABEL × BEAMS / 別注 Soutien Collar Coat 21FW(コート ステンカラーコート)通販|BEAMS

コーディネート①

ビームス 恵比寿(386632) フォトログ|BEAMS

私は中にセントジェームスのバスクシャツを合わせていました。

コーディネート②

ビームス 柏(385694) フォトログ|BEAMS

寒くなってくるとtaionのVネックインナーダウンベストを着こみました。

今年はスノーピークのカーディガンをヘビロテする予定です。

コーディネート③

ビームス ららぽーとEXPOCITY(480026) スタイリング・コーディネイト|BEAMS

インナーのパーカーはチャンピオンのリバースウィーブパーカーを合わせました。

個人的には大好きな組み合わせです。

THE NORTH FACEが好きな人には是非!

THE NORTH FACEが好きで冬はダウンジャケットやハードシェル等のアウトドアウェア中心の着こなしになる方には是非購入してほしいコートです。

THE NORTH FACEの機能性が選択基準となっている方でも最高の冬の街着になることは間違いありませんよね。

毎年本格的な冬シーズン前には人にのサイズから売切れていくようですので、興味のある方は早いうちに店舗やwebをチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA