【JN95じゃない】J-95マスクは“3D立体・適度な張り”によって呼吸がしやすい高性能なマスク

新型コロナ感染症によって、日本ではマスク着用が原則となってしまいました。

“密な状況以外はマスクを外して良い”と推奨されていても、2022年9月現在の街中でマスクを外している人はほぼいません。

マスクは欠かすことのできない“日常必須品”となってしまいました。

私も気に入ったマスクを毎日つけて通勤する日々です。

以前紹介したマスクを購入し続けている・・・

と思っていたところ・・・

実は別商品を継続購入してたと言う訳です。

J-95マスク

  • 1箱 個別包装30枚入り
  • サイズ 横:210㎜ 縦:80㎜

見た目には以前使っていたマスクとの差が感じられないくらいに丁寧に作られているマスクです。

安心の日本製です。

大阪にある自社工場で“マスク製造の全工程を徹底管理”されているこだわりのマスクですね。

3D立体構造が優秀

画像はコチラより

ゆとりのある3D立体構造です。

大人なら多少の顔の大きさに違いがあっても、 しっかりフィットし美しいフェイスラインを作るので小顔効果が期待できます。

特に顎のラインがしっかりと“マスク補正“されるので、顔全体がシャープな印象となります。

もうマスクは顔の一部と考えたいくらい顔の印象が引き締まります・・

4層構造で安心、呼吸もしやすい

画像はコチラより

4層構造で微粒子を強力遮断し長時間型崩れせず 着用いただけます。

鼻元から口元に空間が確保されるので呼吸も会話も快適です。

口紅等も気にならないと思います。

型崩れしない素材の利点は“呼吸した時に口に吸い付かない”事です。

価格的に安い同様の形のマスクを試してみたのですが、柔らかすぎて呼吸のたびにマスクが口に吸い付く状態でした。

JN95とJ-95マスクの違いは?

以前紹介したJN95マスクもJ-95マスクも製造元は同じMAC ENTERPRISE 株式会社製です。

画像はコチラより

購入商品が変わっていることに気が付いてなかったくらいですので、付け心地も大きな差は無いと思えます。

では何が違うのでしょうか?

どうやら国産・日本製人気のJN95マスクのNEWモデルが”J-95マスク”という事です。

JN95マスクがJIS規格適合となり新たに生まれ変わった様です。

さらに医療用クラス3の医療用最高ランクの品質基準を満たした、より安心安全なマスクにグレードアップしたようです。

画像はコチラより

個別包装だから持ち運びにも衛生的にもグッド!

規格適合品という事もあって衛生面にも抜かりはありません。

個別包装なので自宅だけではなく職場・車の中・カバンの中に安心して常備できますね。

マイナス点は値段のみ

J-95マスクもここまで丁寧に作られているので、1枚あたりの価格が約80円と少々高値となっています。

満足度を重視するなら許容範囲内の価格だと私は思っているのですが・・・。

間違いなくおすすめマスクです!

ここまでマスク生活が定着すれば、マスク無しで過ごせるのはいつになるのでしょうか。

新型コロナウィルスが落ち着いたとしても、インフルエンザ予防や花粉症などのアレルギー対策としてマスクの存在は大きくなっているのでしょうね。

だからこそ、安心安全で毎日つけたくなるような気分の上がるマスクを使いたいですよね。

J-95マスクは確実に”生活の質”の向上に大きく貢献してくれるマスクだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA