【節酒】“家ではお酒を呑まない”を実践し2ヶ月間経過してわかったこと【アラフォー】

    1年間の禁酒生活が崩壊してから、改めて再開した節酒生活。

    “家ではお酒を呑まない”という低いハードルの生活をスタートさせて2ヵ月が経ちました。

    家族で外食することと会社関係の飲み会は合わせて月3~4回程度。

    大体、週一回はしっかりと呑んでいます。

    こんな都合の良い制限生活でわかったことを改めて書き記します。

    朝の目覚めが気持ち良い

    飲酒が良眠の妨げになることはもちろんわかっていました。

    毎日飲酒していたころの目覚めは悪く、スッキリが程遠い状態でした。

    家で吞まないだけで、朝から体調が良く結果として1日を通して体調が良くなったということです。

    顔のむくみが3日で解消!

    これもよく言われることですが、顔のむくみが無くなりシャープになりました。

    毎日家で呑んでいたころは、朝目覚めると瞼が腫れぼったい状態でした。

    目がぱっちり開けづらい感じで、お昼ごろまでこの状態が続く事が常態化しいていました。

    お酒を飲んでいるだけでこんなに浮腫んでいたのか・・・

    と思うほど目元・フェイスラインがすっきりしました。

    体重は1.2kg減ったのですが、むくみの解消は水分量が減った為なのでしょうか。

    禁酒生活初期のモチベーション維持に見た目の変化は大きかったですね。

    お酒の代替品に頼る日々

    禁酒したわけではないので、日々の飲酒欲求を解消するために優秀な代替品に頼りましたのでご紹介します。

    • サントリー オールフリー

    サントリー オールフリー ノンアルコールビールテイスト飲料 (suntory.co.jp)

    禁酒が目的の場合、ビールテイスト飲料はアルコールを連想させるのでNGでしょう。

    しかし、私の場合は“家では呑まない”という緩いルールですので大いに頼りました。

    各社からノンアルコールビールは販売されていますが、癖がなくスッと飲めるオールフリーが私にとってベストでした。

    仕事終わりの一杯がオールフリーに変わっても、グビグビ喉ごし

    “プハァ~”

    呑みたい欲求はかなり解消されます。

    • サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水

    以前から愛飲していたこの商品は

    ”オールフリーでグビグビ”

    後に刺激が欲しくなると飲むようにしています。

    炭酸は強めですが、価格も含めて丁度よい炭酸水なので重宝しています。

    どこまで継続できるか・・

    今のところ大きなストレスを感じることなく節酒生活を続ける事が出来ています。

    しかし・・・

    私は知っている・・・

    気の緩みが最大の敵であると

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      CAPTCHA