【おすすめ】Bose QuietComfort Earbuds 6ヵ月 毎日使ってみて気づいた点レビュー

こんにちはHMKです。

Bose QuietComfort Earbudsを半年間間違いなく毎日使用してみての追加レビューとなります。

まず言えることは、迷っているなら買いましょうです

基本的に、良い点は前回のレビューと変わりありません。 

【最強ノイズキャンセリング性能】「Bose QuietComfort Earbuds」 買って良かった編 | (well-being2020.com)

【レビュー】「Bose QuietComfort Earbuds」 気になる点 編 | (well-being2020.com)

アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホンの上位性能は当分キープされると思います。 

前回のレビューでは記載できなかった“6ヵ月使用して”気づいた点を紹介します。

 イヤホン本体で音量調節は実際には使えない

siriの起動」誤作動が頻発します。

はっきり言って使えません。

しかし、使わなくても困りません。

私の場合は、イヤホン本体で音量を調整する必要性が無いからです。

QuietComfort Earbudsを使うまでは外音の変化に合わせて音量調整を行うことはありました。

例えば、ウォーキング中に住宅街から交通量の多い道路に出た場合などです。

しかし、QuietComfort Earbudsは最強ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、レベルマックスにしておくと、外音に影響されないレベルで快適に使用できます。

音を止めたいときは、右イヤホンを1回タップすると停止

これで事足ります。

イヤホン本体での音量調整は必要ありません。 

Bluetooth接続が時々不安定 

公式には・・

シームレスで安定した接続イヤホンをケースから取り出すと、接続を開始。Bluetooth 5.1対応。接続先のお使いの機器から9メートル以内であれば、常に安定した強力な接続を維持します 

とあるのですが、Bose Musicアプリ上で“接続済み”と表示されているにもかかわらず、再生音がイヤホンから流れない不具合が時々起こります。

個体差の可能性もありますが

「常に安定した強力な接続」には・・・

再度、ケースの蓋を閉めて開けると接続が成功する事がほとんどなのですが・・・

一応報告しておきます。

耳栓機能が実は秀逸 

この機能が実は使い勝手が良いのです 。

ノイズキャンセリングのレベルをマックスにして、Bluetooth接続はオフにする、デジタル耳栓とでもいいましょうか。

 例えば、カフェのような場所で集中して勉強する、本を読む時にベストな使い方だと思います。

音が乗らないノイズキャンセリング機能に違和感を覚える方もいると思いますが(私がそうでした)慣れます。

 StayHear Maxイヤーチップがジャストフィットしない 

StayHear Maxイヤーチップの耳栓部分にサイズを合わすとウィング部分が浮いた状態になるんですね。

個人差はあると思いますが、ちょっと気になります。

ただ、耳栓部分のみでもホールド感は十分なので気にしすぎかもしれませんね・・・

細々と気になる点は見えてきましたが、不具合といえるものはありません。

今のところ、故障しそうな気配はありません。

Bose QuietComfort Earbudsで快適なミュージックライフはいかがですか? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA