BARNS バーンズ BR-1101 TSURI-AMI(吊り編み) ポケットTシャツ

真夏が近づくにつれて登場の機会が激増するアイテム「Tシャツ」。

最近はポリエステル等の化繊を取り入れたクール素材が人気ですよね。

しかし、今回ご紹介するのは昔ながら吊り編み機を使用した綿100%の”柔らかく肌になじむ”Tシャツです。

流行りの素材が苦手な方や肌が弱い方には特におすすめです。

BARNS OUTFITTERS(バーンズ アウトフィッターズ) ポケットTシャツ 

“1年中活躍するTシャツこそ、本当に拘ったイイものを提供したい” 

こんなキャッチフレーズからも、こだわりが溢れている手間暇かけた生地を使用していることがうかがえます。

生地の特徴としては空気を含んで柔らかく編まれていることで優しく肌になじみます。

生地をよく見ると“ムラ”が見えますが、これが小奇麗なビンテージ風合いを出してくれています。

安心の日本製です。

流行りに左右されないシンプルな良さが見受けられます。

私が愛用するVネックTシャツも浅いV型なので、1枚でも上品に着こなせます。

定番のクルーネックは汎用性が抜群です。

 吊り編み機のメリット

手間暇かかる吊り編み機を使用するメリットは、生地を筒状に編むことにあります。

丸胴と呼ばれる脇に継ぎ目が無いように仕上がった生地をそのまま使用できる為、体を包むような着心地が最大の特徴です。

洗濯を繰り返しても縮むことなく柔らかな着心地が続きます。

2シーズン夏に着用した写真の私物も、柔らかさと肌触りは変わらずまだまだ現役です。

ダルダルになりにくいネックリブTシャツがだらしなく見えてしまう原因の個人的1位は、首元がだらしなく伸びてしまう事です。

洗濯の際に気を付けても、着続けることでどうしてもだらしなく伸びてきますよね。

このTシャツの首元は伸縮性に優れた「畦編みリブ」になっており、型崩れしにくくなっています。

ただ厚いだけではなくて機能的にも優れていますね。

色落ち具合は?

いいことだらけのバーンズTシャツですが、極端にでは無いにせよ洗濯を繰り返せば当然色落ちは起こります。

購入時との差は写真ではわかりにくいのですが、風合いを楽しめるような色落ち具合と言える程度です。

色の明るみがだんだん落ち着いてくる雰囲気です。

一般的なTシャツの価格より少し値が張りますが、その価値は十分にあります。

ビッグシルエットやボックス型のTシャツデザインが流行っていますが、バーンズTシャツの体になじむ程よいフィッティング具合は流行に左右されることは無いでしょう。

柔らかい生地は程よく汗を吸い込んでくれるため、肌が弱い方には特に試してもらいたいTシャツです。

シンプルイズベストがぴったりの“古き良き“を受け継ぐTシャツはおひとついかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA