マンハッタンポーテージのショルダーバッグは外遊びのお出かけに最適【タフでシンプル】

ちょっとした外出のバッグはコンパクトで持ち歩くものに応じてサイズが選べればベストですよね?

特に、屋外で遊ぶ際には

“丈夫でガシガシに汚れても安心”

“両手が空くこと”

“使い勝手が良い”

そんな我儘に加えて

“シンプルでおしゃれ”

なカバンを探している方におすすめしたいバッグがこちらです。

マンハッタンポーテージ ショルダーバッグ

真っ赤なマンハッタンのビル街が描かれたロゴラベルでおなじみのマンハッタンポーテージのショルダーバッグです。

公式的にはメッセンジャーバッグなんでしょうが、ここではショルダーバッグと称しましょう

我が家ではコンパクトサイズと容量アップサイズの2種類を家族でシェアして使い分けています。

5年程使用しているにもかかわらず、まだまだ現役の優秀なショルダーバッグです。

マンハッタンポーテージとは?

画像:Manhattan Portage HPより

マンハッタンポーテージは、ニューヨーカーに高品質のバッグを届けたいというシンプルな思いから、1983 年ニューヨークで誕生したブランドです。

人々の生活をシンプルにすることを目的に、ニューヨークのバイク・メッセンジャーやイーストビレッジのDJ のためにデザインしたバッグを製品化したのがはじまりです。

シンプルなボディに映える赤いロゴのセットは、実用的でコーディネートに馴染む汎用的なデザインが非常に魅力ですね。

“New York Tough”

“a bag for everyone”

 を大切なブランドスローガンに、多種多様なライフスタイルに対応する製品を展開しています

耐久力抜群なタフさ

マンハッタンポーテージのバッグにはCORDURAの1000デニール・ナイロンが使用されています。

もともとは軍用に開発されたナイロンと言う点で耐久力は折り紙付きですよね。

メイン素材だけがタフなわけではありません。

画像:Manhattan Portage HPより

YKKの特注ジッパーをはじめ、バックルや、裏地、ショルダーストラップ、キー・リング等の部材の品質にも耐久性に優れた素材を使用しているようです。

5年間使用した実感として気になった点は一つもありません。

シンプルでおしゃれ、服装にあわせやすい!

シンプルな黒いナイロンのショルダーバッグはどの様な服装にも合わせやすい事は想像できますよね。

黒一色ではなく赤いスクウェアロゴが映える事と、底にマチがあるメッセンジャーバッグのような形状はシンプルながらセンスの良さを演出してくれますよね。

画像:Manhattan Portage HPより

画像:Manhattan Portage HPより

公式ホームページのスナップを見ていただければコーディネートに左右されにくいデザインがよくわかります。

仕切りもシンプル!納得の収納力

画像:Manhattan Portage HPより

写真を見ていただければお判りでしょうが、所有するどちらのバッグも内側の仕切りがほぼなくシンプルです。

ファスナーで開封できるインナーポケットが1ヵ所あるのみ。

画像:Manhattan Portage HPより

]鍵等の貴重品はインナーポケットに収容するルールを決めてしまえば、メイン収納をガサゴソ探す必要が無くなります

底にゆったりとマチがあるので、思っていた以上に収納力はあります。

汚れが目立てば手洗いでOK!

我が家ではマンハッタンポーテージのバッグは主に私と子供達でシェアしています。

子供たちが遊びに行く際に使ったりするので・・・

割とすぐに汚れが目立ちます。

ボディが黒なので砂埃や土の汚れはすぐに目につくくらいです。

汚れがひどくなったら、洗面器に水と洗濯用洗剤(液体)を混ぜて、バッグを少しつけ込んだ後手洗いをします。

汚れが取れたら水ですすいで、陰干しすればすぐにきれいになります。

汚れに強いナイロン製のメリットですね。

開閉部のベルクロの調整が必須!強力な接着力に注意点

バッグの開閉部はベルクロ(マジックテープ状)の仕様です。

購入時に調整用ベルクロが付属されています。

この調整用ベルクロを使わなければ、バッグの開閉にかなり力が必要です。

“バリバリバリ“というベルクロ開封時の大きな音も響きます。

個人的な使用感覚ですが、バッグの蓋側のベルクロの半分くらい覆ってしまう状態がベストです。

“開けづらい”といったストレスが無くなります。

参考意見程度にとらえてください。

このサイズ感のバッグは持っていて損は無し!

ここまで使用感等をお伝えしましたが、私的な結論として・・・

とりあえず、買って損なし!

です。

我が家の様に家族でシェアするなら2サイズ位所有しても良いのですが、とりあえずは1つ所有しても、きっと後悔はありません。

1つ所有するならおすすめはこのサイズ

単純にコンパクトながら”大は小を兼ねる”大きさだけの理由ですが・・

ちなみに、両サイズとも

“500mlのペットボトルが横に入る容量で割とコンパクト”

子育て世代の我が家では外出時(外遊び)に・・

子供「のどが渇いた!お茶

がほぼ確定で発生します。

とりあえず、500mlのペットボトルや同程度の容量の水筒が入る大きさが確保できれば、常用使いとしては問題ありませんよね。

もちろん、街中のお洒落アイテムとしても優秀なバッグです。

ショルダーバッグの選択に迷っているならマンハッタンポーテージのショルダーバッグで決まりです!

革製のサコッシュが気になる方はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA