ドクターマーチン 3ホール mono 靴紐交換はスマートさが強調されるロウ引き紐で間違いなし!

ドクターマーチン 3ホール mono は落ち着いた服装からカジュアルな服装にもあわせやすい

“コーディネートの汎用性が高いレザーシューズ”

ですよね。

メンズ 1461 3ホールシューズ(Originals) | ドクターマーチン公式オンラインショップ|Dr.Martens (drmartens.com)

約2年履いてきましたが”より落ち着いた服装にあう靴紐に変えたいなぁ”と思っていました。

そこで調べたところ、愛好家の多いドクターマーチンのシューズにはメーカーから“カラーシューレース”が販売されていました。

ファッションの上級者さんは足元のアクセントカラーを楽しんでいただければ良いのですが・・・

40代男性の定番服ばかり手に取る私にとってはハードルが高すぎます。

どんな靴紐に交換?

思いついた靴紐は・・・

ロウ引き紐です。

単色のスタンスミスをシャープに仕上げてくれたロウ引き紐なら、ドクターマーチン 3ホール monoをよりスマートに変えてくれるはずです。

ドクターマーチン3ホールの靴紐

  • 長さ:65cm
  • 形状:丸紐(ラウンドタイプ)

この条件を変えずにロウ引き紐を探しました.

ロウ引きの靴紐と言えばこちら!

紗乃織靴紐(さのはたくつひも)

職人が紐一本一本を手作業で作り上げた上質な靴紐です。

ロウ引き加工する事で独特の上品な艶がうまれるだけではなく、結んだ紐が解けにくくなることも特徴の一つです。

耐久性等もスタンスミスの靴紐交換後1年履いていますのでお墨付です。

ただこの商品、60cm、70cmと10cm刻みでしか販売されていません。

私が選択したのは60cmです。

丸紐の幅は2.5mm程なので、元々ついているより少し細くなりますが、誤差の範囲ですね。

実際に交換してみたところ・・・

紐の太さは、ロウ引き紐の方が少し細いですね。

では片方の紐を交換して比べてみました。

交換前

交換後

いかがでしょう?

シュッと締まりますね。

よりキレイな印象に変わりました。

並べてみるとイメージが変わりましたね。

ロウ引き紐の方が編み込み模様が際立ち、紐部分がしまりますね。

イメージ的にキレイめ寄りに変わった為、大満足です。

靴紐交換は自己満足です

レア―シューズをよりキレイめにしたいなら、ドレスよりのシューズを買えばいいのでは?と言う声が聞こえてきそうです。

その通りだと思います

ただ、私はドクターマーチン 3ホール monoの外羽根式レザーシューズのフォルムがとても気に入っています。

あえて、このレザーシューズをよりキレイめに合うようにアップデートしたかったのです。

完全に自己満足の世界ですが、どの様なファッションにもあわせやすいより汎用性の高い仕上がりに大満足です。

興味のある方はぜひ試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA