眼鏡市場で持込みフレームを度付き偏光レンズ交換してみました【半年使用レビュー】

眼鏡市場で度付き偏光レンズ交換をして約半年が経過しました。

趣味の釣りやドライブでしっかりと使用しましたのでレビューしたいと思います。

結論から言うと・・・

度付き偏光レンズとしての機能は必要十分です。

視力の悪い私にとってのサングラス問題は解決できたと思っています。

これからも眼鏡市場でレンズ交換し続けると思います。

交換したレンズ等についてはこちらをどうぞ

OAKLEY / フロッグスキン Asia Fit

ナチュラルグレーカラー+偏光レンズ

度付き偏光レンズをかけ続けてみて・・・

度付きの偏光レンズの気になるところは

“ピントがあっているか“

”度数があっているか“

私の場合、度数は普段から使っているメガネと同じにした為全く問題ありません。

ピントに関しても丁寧に仕上げていただいているから?か、普段のメガネと変わらず長時間使用しても違和感はありません。

このあたりの技術は当たり前ととるか眼鏡市場の技術力ととるか・・・

偏光レンズの機能面はどう?

眼鏡市場でレンズ交換した偏光サングラスは主に「ドライブ」「釣り」に使用しています。

普通のカラーレンズと違って偏光レンズにはファッション性だけでなく余分な光をカットするという機能が求められます。

偏光サングラスをよく使う2つのシーンにおいてレビューしたいと思います。

ドライブ・車の運転時に感じた事

運転中あるあるの「フロントガラスに映りこむダッシュボードが視界の邪魔になる問題」は解決できます。

これだけで十分価値はありますが、視界に映る対象物の陰影が割と際立つため運転時に必要な視覚情報が鮮明になります。

ほぼ毎日半年間偏光サングラスを使っていますが劣化したと思う点はありません。

釣りに使ったときに感じた事

釣りにおいて偏光レンズに求める機能は、水面の光の反射を抑えて水中の様子が見えやすくなることです。

超高性能な偏光レンズと比べたことはありませんが、想像していたレベルで水中情報をつかめます。

水面の揺らめきに隠れた魚影などはしっかりと確認できます。

気に入ったフレームでテンションアップ!

普段からよく使う度付き偏光サングラスに求めることは、機能面はもちろんですが、気に入ったフレームを使う事の方が重要だと思います。

ファッションアイテムの一つですからね。

オークリーのフロッグスキン(アジアンフィット)を選んで正解でした。

「デザイン・軽さ・かけ心地」どれをとっても最高です。

眼鏡市場で販売しているオリジナルフレームを使った方がコスト的には安くなることが多いのですが、持ち込んでまでレンズを交換する価値がここに表れます。

レイバンのウェイファーラー等の有名モデルはどの店舗でも販売しているようです。フレームをレイバンに選ぶ場合は店舗の在庫状況を確認してみても良いかも。

ナチュラルグレーと言うカラーは・・・

眼鏡市場の偏光サングラスカラーで一番薄いのがナチュラルグレーです。

ファッション性と機能性を考えてこのカラーを選択しました。

かけてみるとうっすら目が透けて見えるくらいの濃さですので、視界が暗くなりすぎる事はありません。

私は気に入っているのですが・・・

このぐらいの濃さだと真夏の日差しが正面からさす状況での車の運転には支障があります。

また、真夏の日差しが照り付ける日中の釣りでは水面のギラつきが抑えられない事もあります。

気になる場合は濃いカラーを選んでください。

偏光レンズ|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね) (meganeichiba.jp)

偏光レンズで気を付ける事

眼鏡市場の偏光レンズだけでなく、偏光レンズは使う際に気を付けないといけない点があります。

使い方にあったレンズ交換の為に偏光レンズの注意点を残しておきますね。

液晶画面が見づらい

偏光レンズは液晶画面との相性が良くありません。

液晶の画面がチラついたり、黒点が現れたりとかなりストレスが溜まります。

偏光サングラスを普段使いのサングラスに代用しづらいのはこの為だと思います。

偏光レンズは万能ではなく使用用途が限られることは知っておいてください。

最後に

色々と書いてはみましたが、眼鏡市場での度付き偏光レンズ交換は全力でおすすめします。

私も来年の夏に向けて、濃いめの度付き偏光サングラスが欲しくなっています・・・

コチラの記事も一緒にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA