メガネのズレ防止におすすめアイテムを紹介 『ピタリング』『セルシール』

汗ばむ季節になると特に気になるのが“メガネのズレ”です。

鼻筋が低い方が多い“眼鏡をかけている日本人”にとっては“あるある“ですよね。

普段かけているメガネはお店で定期的にフィッティングしてもらっている為、快適なかけ心地なんですが・・・

私にとっての問題はサングラスです。

フィッティングしてもらってもすぐにズレてくるんです。

サングラスは主に運転中や釣りの最中に使うのですが、ズレてくるとどうしても集中力がかけてしまうんですよね。

サングラスは用途別に運転用にはミラ-レンズ、釣りには偏光レンズを使い分けています。

そこで!この悩みを解決してくれた便利アイテムを紹介します。

 ピタリング 

サイズ:直径15mm×厚み5mm

取付可能サイズ:幅10mm以内、厚み6mm

素材:エラストマー(伸縮性のあるゴムのような素材) 

使用方法 

写真の様にメガネの先セル(耳裏に当たる部分)に装着します 。

リングの“入り口穴”“出口穴”に先セルを通す事で、耳裏部分でホールドしてくれます。

穴に通す位置によってホールド位置が調整出来ます。

ホールドがきつい・ゆるい場合も“片方の穴”だけに通す事で調整可能です。 

使用感

ある程度雑に装着してもしっかりとホールドしてくれます。

夏場の釣りで使用する際も、汗でズレることはありませんでした。

装着位置等が不適切だと長時間着用することで痛みが発生しますが、微調整を繰り返せば容易にベストポジションが見つかると思います。  

耐久性

使用頻度や保管状況にもよりますが、1年程度で劣化によりリング側面が裂けて使用できなくなりました。

価格を考えれば、コストパフォーマンスに優れた商品であると思います。 

セルシールU(鼻パッド装着タイプ)

メガネ固定アイテムで“人によっては”おすすめしたいアイテムがセルシールUです。

サイズはS/M/L/LL展開です。

大人用のメガネならMサイズで問題ないと思います。

姉妹品でセルシールM(ミニ)という小さい眼鏡用の商品もあります

シリコン製のストッパーのシール面を鼻パッドに装着して眼鏡を固定する商品です。

ズレやすい眼鏡も鼻筋で滑らないように留める事が出来る商品です。 

使用感 

ホールド感は申し分ありません。

写真のような鼻パッドがフレームと一体になっているタイプのメガネのズレ防止には最適だと思います。

しかし、私のような超敏感肌の人限定ではありますが・・

汗のかきやすい季節では、肌とセルシールの当たる部分が赤く“かぶれる“事が頻発しました。

肌が弱い方は注意が必用かもしれません。 

耐久性

シールで鼻パッドに固定することからピタリングに比べると耐久性は低いです。

メガネをよく洗う方など、水にぬれる機会が多い場合は2週間もてばよい方です。

完全に接着力が無くなるわけでは無く、2週間ほどで端から剥がれが発生するという感じです。 

最後に

私にとってベストな選択はピタリングとなりますが、セルシールも捨てがたい選択となります。

いずれにせよ、「メガネがすぐズレてストレス!」という方の悩みは確実に解消してくれる商品であることは間違いありません。

お手頃な価格ですので気になる方は一度試していただければと思います。

他のメガネ ネタはこちら!

眼鏡市場で度付き偏光レンズ交換 | うぇるびぶ (well-being2020.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA