【冬の防寒対策】 冬の釣り 防寒のポイントは首・手・足をしっかりと温める事!

    寒さが厳しくなると楽しい趣味の釣りへの足も遠のいてしまいがちです・・・

    高価な防寒フィッシングウェアをそろえなくても対策を行えば寒い時期の釣りでも問題ありません。

    ポイントは首と手と足元をどのように対策するかなんです。

    首回りの防寒はダウンマフラーの一択

    首回りは保温&冷気が服に侵入しないように気を付けるべきです。

    フリース製のネックウォーマーを使用する方をよく見かけますが、私はダウンマフラー及びダウンネックウォーマーの一択です。

    普通のマフラーやフリースマフラーより保温力に差がある事。

    ダウンによってボリュームがある為、冷気が入り込む首回りの隙間を埋めてくれるからです。

    昨シーズンも使用していたダウンネックウォーマーはこちら

    今シーズン導入予定のお洒落アイテムはこちら

    手袋は釣り専用のフィッシンググローブが必用

    手がかじかむと釣りどころではありません。

    手袋だけは濡れる事を前提として作られているフィッシンググローブを購入しましょう。

    私が使っているおすすめはこちらです

    上着のハンドウォーマー(ポケット)内には使い捨てカイロを入れておき、定期的に指先を温めます。

    これだけで、ガイドの水滴が凍るような状況でも釣りを継続できました。

    ネオプレーン製靴下 + 貼るカイロ + 長靴

    高価な防寒シューズ等が販売されていますが、私は長靴とネオプレーン靴下と貼るカイロですごしています。

    はっきり言って快適すぎます。

    長靴はオールシーズン釣りで使用するものがあれば困りません。

    ネオプレーン製の靴下も安価で長持ちします。

    とどめはつま先に貼るカイロ靴用を装着して完成です。

    実際に私が使っているリンクはこちらです。

    着こめば冬でも汗をかく

    寒い時期でも着こめば汗はかきます。

    この汗が曲者で、体を冷やす原因となったりします。

    温度調整用ベンチレーションを備えたシェルジャケットがあれば雨・風・体温調整に威力を発揮します。

    ちょっと高価になりますが、私が愛用するシェルジャケットとインに着るフリースはこちらとなります。

    フリースに関してはゴブリンジャケットの旧モデル「ゴブリンⅡ ジャケット」を長年愛用しています。

    GOBLIN Advanced ML Jacket Men(1014-22991)|HIKING(ハイキング)|men(メンズ)|MAMMUT – マムート – 公式オンラインストア

    5年着てもいまだに現役です。恐るべし、ポーラテックのサーマルプロ!

    しっかり防寒は冬の釣りの集中力を高めます

    寒い時期の釣りを快適にするには首・手・足の十分な寒さ対策にあると断言できます。

    この記事を参考にしていただき、快適なフィッシングライフを楽しんでくださいね。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      CAPTCHA