【2021年10月】Amazonから「置き配」された荷物が他人のものだった。対応の流れ

    先日、自宅の宅配ボックスにAmazonのから誤配送された他人の荷物が届いておりました。

    スムーズに解決するためにはいくつか事前準備が必要ですので。

    備忘録がてら対応の流れを紹介します。

    宅配BOX・玄関先の「置き配」誤配送

    コロナ禍や再配達の負担軽減から、直接商品の受け渡しを行わない「置き配」選択が一般化してきました。

    そこで発生して困るのが誤配達です。

    Amazonからの置き配の場合、配送業者の連絡先等が記載されたラベルが貼られていない為、どうすればいいか困りました。

    以下、スマートホンを使用した手順です。PCでも同様の手順で可能でしょうが・・・

    Amazonアカウント登録が必須

    2021年10月現在、Amazonへの電話問い合わせは対応していません。

    誤配送はもらい事故のような物ですが、すみやかな商品回収の為にはAmazonアカウント登録が必須となります。

    Amazonアカウント登録が済んでいる方はAmazonアプリをインストールしてログインした状態まで進めてください。

    回収手続きはアプリでのチャットと電話が必用

    誤配送された場合は、WEBにて初期対応を依頼した後にオペレーターによる電話対応につながるという流れです。

    手続きを始める前に以下の準備をしてください。

    • Amazonオペレーターとやり取りができる電話
    • 誤配送された商品包装ラベルの番号(例DA・・・)等の番号

    実際にご配送された商品を回収してもらう為の第一歩としてAmazonを起動します

    右下のメニューバーをタップして「カスタマーサービス」を選択

    各種サービスをタップ

    「お問い合わせ内容」ページに移動してきます。どの内容でも良いのでタップします

    ページ下の「カスタマーサービスへ連絡」をタップ

    今すぐチャットで問い合わせる」か「Amazonから電話する」を選択

    ここまでくると誤配送情報を伝える手順となります。

    私はチャットで問い合わせました。

    するとすぐに指定した番号にAmazonオペレーターから電話がかかってきて丁寧に対応してもらいました。

    オペレーターとのやり取りで誤配送された商品包装ラベルの番号(例DA・・・)等の番号が必要となります。

    あとは、回収日時指定を調整して手続きが終わります。

    うれしい誤算

    回収手続きが済んだ後、オペレーターから手続きに使用しているアカウントに対してAmazonポイントが謝礼として加算される案内がありました。

    最後に

    まさにもらい事故の様な置き配による誤配送ですが、本来受け取るべき商品を楽しみに待っているユーザーがいることを考えて速やかな対応を心がけましょう。

    絶対に誤配送された商品を自分のものにするといった犯罪行為はやめましょうね。

    置き配達場所は写真等で記録されているのですぐに特定されちゃいます!